マスカラの「お腹」を使ってダマ解消


まつげが長くて、本数もいっぱいあって、理想的なまつげが生えている人に出会うことがあります。

そんな人と、レッスンの中で相モデルとなり、メイクをし終わると・・もう彼女の目がぱっちり!!

マスカラの威力を猛烈に(笑)感じる瞬間です。。

他の生徒さんに、「asamiさん、な〜に彼女に「つけまつげ」つけちゃってるんですかぁ?」なんて言われました(^^;)

わたしはまつげが少なめで、まばら(←悲。。)なので、マスカラではよくボリュームタイプやロングラッシュタイプなど、繊維成分が入ったマスカラをよく使います。

でも、繊維が入っている分、それが固まってダマになりやすいんですよね。。

ダマにならないコツは、マスカラの「お腹」(中心)の部分を使ってまつげにつけるようにすることです。(つけかたなどは、HPの「アイメイクのキソ」を見てね♪)

マスカラの軸の先端だけでつけようとすると、先端部分はマスカラ液がもともと多くつきやすくなっていて、それが固まってしまいます。

中心部分、「お腹」の部分を意識してつけてみてくださいね、きっとダマが解消できますよ〜(^^ )ノ

※ マスカラをつける前に、ブラシの先にたまっている液をボトルの端で落とす、という方法でも、ダマを防げます。

人気着フル取り放題
完全無料3分でGET


今すぐ友達に知らせる
ひよっこメイクトップ

朝美のメイクレッスンはこちら
コスメガールズ☆ランキング


(C) 2013 ひよっこメイクドットコム

PC版メイクの仕方