「まのび」カバーに


「面長で、頬から下の長さがなんとなく気になる・・」と、気にされている方はいませんか?

わたしもそうなのですが、日本人に比較的多く見られる、頬からあごまでの長さが長くみえる状態、このことを「まのび」と言います。(もうちょっと違う言い方があればいいんですけどね(^-^;

この「まのび」解消法に、下まぶたを有効活用!してカバーする方法があります。

下まぶたのキワに細くアイラインを入れたら、その後にほんの少し縦の幅に3、4ミリ程度、ブラシやチップでアイシャドウをのせてみましょう。

アイラインとアイシャドウをのせる横の長さは、下まぶたの黒目の部分(中心部分)がベストで。
(目の長さを3等分した、目尻から目頭に向かって1/3のところに入れてもいいですよ。)

色は、あたたかみのあるピンクやオレンジに、ブラウンをほんの少しだけ混ぜた色が、取り入れやすいですね。

ブラウンをほんのちょっと混ぜた色をのせておくと、下まぶたにひいたアイラインがとれてしまっても、それが目立たなくなります。

こうして下まぶたにアイシャドウをのせることで、「まのび」が気にならなくなり、全体の印象が整いますよ(σvσ)

※まのび(間延び)・・・間が長く、しまりがないこと。

人気着フル取り放題
完全無料3分でGET


今すぐ友達に知らせる
ひよっこメイクトップ

朝美のメイクレッスンはこちら
コスメガールズ☆ランキング


(C) 2013 ひよっこメイクドットコム

PC版メイクの仕方